ポンプの性能曲線について

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

ポンプの性能曲線について

hrtさん
質問日時: 2014/12/18 19:49

ポンプの性能曲線がフラットになっていると、
ヘッド変化に対する流量変化が激しくなり制御が難しいため、
右肩下がりの性能曲線が望ましい、との事を学びました。
仮に、性能曲線がフラットになっている場合、吐出にオリフィス等を
介することにより、性能曲線に傾きをつけることが可能、という
話を聞いたのですが、理解が出来ません。

私の理解では、
性能曲線はポンプ固有の運転特性であり、あくまで運転点は
ポンプの持つ性能曲線と配管等から生じる抵抗曲線(システムヘッド)
との交点であるはずです。

吐出にオリフィスを介することでは、システムヘッドが
より右肩上がりに傾き、その結果、性能曲線との交点が
左上方向に移動することで、ヘッドが上がり、流量が下がる
だけではないのでしょうか。

なぜ、オリフィスを介することで右肩下がりを強めることが
出来るのでしょうか?

追記1
追記日時: 2014/12/20 11:00

mecさん。
ありがとうございます。
意図が伝わりにくくて申し訳ございません。
質問の補足をさせていただきます。

3.4.ついて
吐出のバルブを絞ることを考えています。回転数は一定とします。
よって、「抵抗曲線が移動」することにより、運転点が性能曲線上の左上へ移動する。
という事となります。

mecさんの5.の御回答から、「オリフィスまでを含んだシステムをポンプと考える」という点で
納得がいきました。オリフィスの影響は抵抗曲線ではなく、性能曲線にかかってくる、と
考えれば納得できます。

ただ、設計仕様と異なった運転になってしまうので、ポンプに対しては
あまりよくないのでしょうね・・・。

違反通報

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2014/12/19 07:56

mecさん

1.性能曲線と抵抗曲線の交点で作動点(流量とヘッド)が決まる。
2.オリフィスを附ければ抵抗曲線が左に寄る。
私もそう理解しております。

一方に於いて、ご質問の意味が少し曖昧だと思いました。
3.何を制御するのですか。
4.【ヘッド変換に対する】とはどのようなことですか。回転数が変わってヘッドが変化する場合ですか。抵抗曲線が移動した場合ですか。

もう一つ!!
5.オリフィスまで含んだシステムをポンプと考えましょう。流量ゼロではオリフィスの抵抗はゼロ、大流量では、抵抗が増えるので、このシステムの特性曲線は、オリフィスを含まないシステムより右肩下がりが強いかなと想像します。

ちっとも答えになっていませんね。ご免なさい。第3,4点を補足していただけませんか。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

差動 シングルエンド 出力方について
シングルエンドはGND~信号線間の電位差からHigh Lowが決まる 差動は2本の信号線間の...
植物細胞工学
胚培養によって作出されたハイブリット(植物)のメリットとデメリットを教えてください!
エンコーダの出力や信号の違い
オープンコレクタとシングルエンド信号 ラインドライバと差動信号 これは同じ? 比較してみ...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ