カメラCSマウント奥行寸法

エンジニア質問箱

質問箱メニュー

検索

質問する

カメラCSマウント奥行寸法

ikuさん
質問日時: 2016/03/18 10:16

カメラ本体側のCSマウントについて教えてください。
フランジ面からの奥行寸法はどれくらい確保しておけば市場のレンズに問題なく
対応できるのでしょうか?
レンズ側のマウント面からのレンズ飛び出し量が色々ありそうで迷っています。
よろしくお願いいたします。

この質問にキーワードを設定する

違反通報

この質問に回答する

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示
回答1
回答日時 : 2016/03/18 17:39

くにっちさん

Cマウント
フランジバック:17.526mm

CSマウント
フランジバック:12.5mm

差分5.026mm

CSマウントカメラに Cマウントレンズをつけるとき、
一般的には5mmの中間リングを入れます。
たとえば ML-EXR5 
https://www.moritex.co.jp/products/mvs/cctv-option.php

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答2
回答日時 : 2016/06/25 16:39

くにっちさん

追記です

>フランジ面からの奥行寸法はどれくらい確保しておけば市場のレンズに問題なく
対応できるのでしょうか

フランジバックを12.5mmから変更したらそれはCSマウントとは言えません。
マウントの規格は直径+ネジピッチとフランジバックが基本です。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

回答3
回答日時 : 2016/06/26 11:26

野良猫堂さん

先発の回答に書かれている通りで、Cマウント、CSマウントともに規格モノです。

レンズの飛び出し量は、突出いているようでも、規格範囲内に収まっているはずです。

公称フランジバック寸法はマウント前面から撮像素子面までの焦点距離ではなく、撮像素子にローパスフィルターなどを取り付けるための設計上の余長が含まれているので実寸は短いはずです。

むしろ、光学機器に疎いルートで、形状が似ていることで、旧来の映写機用レンズやフィルム(ビデオ)カメラ用スクリューマウントをC/CSマウントと誤認して扱われているケースも多々見受けられます。

突出量が気になるレンズは、それらが混ざっている可能性があります。
特に映写機用レンズは、特別な仕組みが無いので非常にそっくりな物が有ります。

マウント部からレンズ後端までの長さがフランジバック寸法に収まっているかを確認して利用されることをオススメします。

この回答が「なるほど」と思ったらクリック→

なるほど0人

違反通報

並び替え:
▼最新順に表示
▲投稿順に表示

この質問に回答する

この質問をブックマーク

最新の質問

食品衛生法合格のフロン樹脂
混練機の付着防止に内面等に樹脂コーティング加工を考えました。 食品衛生法に適合していないもの...
床洗浄機
食品工場内の床を洗浄したい目的です。 アイスクリーム生産中で稼働中に床を洗浄したい希望です。...
銅帯の加工について
銅帯の加工を現場工事でやる事になり、持ち運びが出来る工具が必要になりました 銅帯のサイズ...

月間ユーザーランキング TOP10



質問箱メニュー

検索

質問する

あと2000文字入力できます。

入力欄を広げる

ページトップへ